シドニウス・アポリナリス(読み)しどにうすあぽりなりす(英語表記)Gaius Sollius Apollinaris Sidonius

  • 430ころ―486ころ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ帝政末期のガリア貴族。リヨンの名門の出。455年西帝位に推された岳父アウィトゥスAvitus(在位455~456)に随行して、ローマで頌詩(しょうし)を献呈。岳父の失脚(456)後、ガリア貴族内に生じた反乱の動きには直接加担せず、458年リヨンで新帝マヨリアヌスMajorianus(在位457~461)に頌詩を献呈した。同帝死後は、在野生活に甘んじていたが、467年アンテミウスAnthemius(在位467~472)が登位すると、郷里の陳情を携えてローマに赴き、頌詩を献じてローマ都督に任じられた(468)。470年ごろクレルモン・フェランの司教となり、同市の対西ゴート抵抗戦(471~475)を精神的に指導した。その後、西ゴートに一時幽閉されたが、やがて司教復位を許され、晩年は文学活動と教会活動に専心。詩歌集と書簡集9巻を残しており、文学的評価はかならずしも高くはないが、同時代史料として貴重である。[後藤篤子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android