コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネマトグラフ cinématographe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シネマトグラフ
cinématographe

1895年フランスリュミエール兄弟 (ルイおよびオーギュスト) が発明した映画機械。現在の映画と同じ原理をもった世界最初のもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シネマトグラフ(〈フランス〉cinématographe)

映画の撮影と、その映写を兼ね備えた機械の名称。1895年、フランスのリュミエール兄弟が発明した。「映画」を意味する「シネマ」はこれに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シネマトグラフ

フランスのリュミエール兄弟が1895年パリで公開したフィルムの名称。スクリーンに映写する点で世界最初の映画で,転じて映画の総称になった。1910年代に〈シネマ〉の略称が一般化。
→関連項目映画音楽メリエス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シネマトグラフ【cinématographe】

1895年にフランスのリュミエール兄弟が発明した撮影機・映写機の名。また、それで映写した映画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシネマトグラフの言及

【映画】より

…また,〈ピクチャー〉ということばも映画作品を指すことばとして生き残っている(例えば〈サイレント映画〉はsilent pictureとしてsilent movie,silent filmと同義に用いられる)。 一方,フランスでは,1892年(1893年という説もある)にレオン・ブーリーという発明狂の技師が,シネマトグラフ(ギリシア語のkinēmatos(動き)とgraphein(描く)の合成語)という名称を自分の発明した連続写真の装置に与えたが,これが広く映画を意味することばになるのは,95年にリュミエール兄弟が〈シネマトグラフ・リュミエール〉の名で撮影機と映写機を兼ねた装置を公表し,世界で最初のスクリーンに映写する上映会を催してからである。1910年代には〈シネマcinéma〉の略語が一般化する(フランス最初の映画会社パテー・シネマが設立されたのは18年である)。…

【喜劇映画】より

…ぐしょぬれになった庭師は息子を追っかける。これは,映画の発明者の一人リュミエール兄弟の〈シネマトグラフ〉の1本,《水をかけられた水撒き人》(1895)と題する即興的な寸劇だが,人物の動きによる基本的なギャグが,すでにここにある。喜劇映画は,おおまかにいって,追いつ追われつのアクションで笑わせるスラプスティックslapstick(どたばた)と,こっけいな状況や,それにまつわる会話のおかしさが眼目のシチュエーション・コメディの二つの流れに分けられる。…

【リュミエール】より

…〈シネマトグラフ〉の発明によって〈映画の父〉と呼ばれるフランスの化学者,写真家,映画監督,映画製作者。ブザンソンの写真家・写真用品工場主の家に生まれ,17歳のとき〈乾板〉を開発し,その世界的販売によってリヨン工場に繁栄をもたらし,1890年代半ばにはジョージ・イーストマンのコダック社と覇を競った。…

※「シネマトグラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シネマトグラフの関連キーワードブレッソン(Robert Bresson)吉田喜重(よしだよししげ)オーギュスト リュミエールチェコスロバキア映画ドキュメンタリー映画リュミエール(兄弟)日本映画史(年表)ルイ リュミエール東南アジアの映画G. メリエスキネトスコープ稲畑 勝太郎横田 永之助フランス映画アメリカ映画12月28日インド映画ロシア映画岡田 桑三横田永之助

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シネマトグラフの関連情報