コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シハーブ Fu’ād Shihāb

2件 の用語解説(シハーブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シハーブ【Fu’ād Shihāb】

1902‐73
レバノンの軍人,政治家。マロン派キリスト教徒の名望家に生まれる。フランス委任統治下で〈特別軍〉に入隊。独立後の1946年軍司令官となり,レバノン軍建軍に尽力。52年ホウリー大統領の腐敗政治に対する国民戦線の反政府デモと,58年にシャムウーン大統領の支持者とナーセル支持の国民戦線とが衝突した内戦の2回にわたり,軍による反政府勢力の鎮圧を拒み,公平な人物としての評価を得た。58年大統領となり,宗派的対立の和解に努め,行政改革を実施し,後進地域の開発に着手。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シハーブ
しはーぶ
Fu'd Shihb
(1902―1973)

レバノンの軍人、政治家。マロン派キリスト教徒。フランス委任統治時代に「特別軍」に入隊、中佐となる。1944年独立に際し軍司令官となる。1952年の反政府デモ、1958年の内乱に際し、軍による反乱者の鎮圧を拒否し、不偏不党の人物として名声を高めた。1958年大統領に選出され、内乱の処理、政治における宗派的対立の和解を目ざした国家再統一、行政改革、経済開発などに努力する。1964年大統領任期終了後も議会に影響力があり、シハーブ・ブロックが形成された。[木村喜博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シハーブの関連キーワードアマルマロン派レバノンレバノン杉のんのんフラバノンレバノンとヒズボラレバノン情勢武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘レバノンのパレスチナ難民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シハーブの関連情報