コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シプリペジウム シプリペジウム 〈ラテン〉Cypripedium

3件 の用語解説(シプリペジウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シプリペジウム(〈ラテン〉Cypripedium)

ラン科アツモリソウ属植物の総称。園芸品種をさすことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シプリペジウム

アツモリソウクマガイソウを含むラン科の一属。花の上部の萼片(背萼片)が大きく,唇(しん)弁が袋形で,側花弁は翼のように伸び,元来2枚あるべき下方の萼片がくっついて1枚の下萼片となるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シプリペジウム
しぷりぺじうむ
[学]Cypripedium

ラン科シプリペジウム属の総称。地上ランの仲間で、北半球の温帯に約40種あり、日本にはアツモリソウなどが分布する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シプリペジウムの関連キーワードアツモリソウ(敦盛草)パフィオペディルム敦盛草熊谷草布袋草クマガイソウレブンアツモリソウカラフトアツモリソウキバナノアツモリソウコアツモリソウ