コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベトン シベトン civetone

2件 の用語解説(シベトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シベトン
シベトン
civetone

ジャコウネコの生殖器と肛門の間にある香嚢の内容物であるじゃ香の芳香成分。化学式は (CHCH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2)2CO 。ジャコウジカからとれるじゃ香の芳香成分はムスコンといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シベトン【civetone】

アフリカおよびインド産のジャコウネコの香囊(会陰腺)に蓄えられる動物性香料,霊猫香(れいびようこう)(シベット)の芳香成分。白色または無色の結晶。比重(液体)0.92,融点32℃,沸点344℃。水に難溶,アルコール,油に可溶。極端に希釈すると麝香(じやこう)様の香気を示す。大環状ケトンの構造をもつ。1912年初めて分離され,その構造はL.ルジチカにより究明された。貴重な香気物質で,高級調合香料として,シトラスコロンオリエンタルローズ系調合香料として重用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシベトンの言及

【霊猫香】より

…シベット採取のための飼育は,現在アフリカ産に限られているが,高温・多湿下,良質の餌(牛乳,卵白)を与えて,1回に7~8g,年間40回程度採取する(年間採取量約300g)。シベットの清冽な香気の主体はシベトンcivetoneで,ムスクと同様,大環状ケトンであるが,ムスクよりはその香気はデリケートであるとされている。高級香料の調香用に,また保留剤として重用され,古くから強精・強壮剤としても用いられている。…

【人造麝香】より

…代表的動物性香料の麝香はその優れた香りのゆえに古来珍重されているが,採取量が少なく,きわめて高価である。その主成分であるムスコン,麝香に似た香りをもつ霊猫香(れいびようこう)の主成分シベトンは実験室では合成されてはいるが,工業的につくられるまでには至っていない。そのため麝香に似た香りをもつ化学物質の探索,合成が行われている。…

【霊猫香】より

…シベット採取のための飼育は,現在アフリカ産に限られているが,高温・多湿下,良質の餌(牛乳,卵白)を与えて,1回に7~8g,年間40回程度採取する(年間採取量約300g)。シベットの清冽な香気の主体はシベトンcivetoneで,ムスクと同様,大環状ケトンであるが,ムスクよりはその香気はデリケートであるとされている。高級香料の調香用に,また保留剤として重用され,古くから強精・強壮剤としても用いられている。…

※「シベトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シベトンの関連キーワードアフリカジャコウネコ麝香獣麝香猫アフリカ横断飛行インドジャコウネコシベットナンジニアアフリカヤシジャコウネコジャコウネコ属ヒメジャコウネコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone