コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊猫香 れいびょうこう

2件 の用語解説(霊猫香の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

霊猫香【れいびょうこう】

動物性香料の一つ。シベットとも。ジャコウネコ科の動物の性器近くにある香嚢中の分泌物を集めたもの。雌雄とももつが主に雄から採取する。褐色の半流動状の物質で,このままでは悪臭が強いが,希釈すると芳香を放つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいびょうこう【霊猫香】

主要な動物性香料の一つ。シベットcivetともいう。アジア(ミャンマースマトラスラウェシ,ジャワ,ボルネオフィリピン,台湾)またはアフリカ(エチオピアセネガルギニアアビシニア)地方に生息するジャコウネコ(霊猫)科のシベットの性器の近くにある香囊に生じる分泌物。雌雄ともシベットを分泌する。しかし雌のそれはにおいは強いが不純物が多いので,おもに雄から採取する。シベット採取のための飼育は,現在アフリカ産に限られているが,高温・多湿下,良質の餌(牛乳,卵白)を与えて,1回に7~8g,年間40回程度採取する(年間採取量約300g)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の霊猫香の言及

【シベトン】より

アフリカおよびインド産のジャコウネコの香囊(会陰腺)に蓄えられる動物性香料,霊猫香(れいびようこう)(シベット)の芳香成分。白色または無色の結晶。…

※「霊猫香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霊猫香の関連情報