コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊猫香 れいびょうこう

百科事典マイペディアの解説

霊猫香【れいびょうこう】

動物性香料の一つ。シベットとも。ジャコウネコ科の動物の性器近くにある香嚢中の分泌物を集めたもの。雌雄とももつが主に雄から採取する。褐色の半流動状の物質で,このままでは悪臭が強いが,希釈すると芳香を放つ。芳香成分はシベトンC17H3(/0)O。香りの深味を持続させるために用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいびょうこう【霊猫香】

主要な動物性香料の一つ。シベットcivetともいう。アジア(ミャンマー,スマトラ,スラウェシ,ジャワ,ボルネオ,フィリピン,台湾)またはアフリカ(エチオピア,セネガル,ギニア,アビシニア)地方に生息するジャコウネコ(霊猫)科のシベットの性器の近くにある香囊に生じる分泌物。雌雄ともシベットを分泌する。しかし雌のそれはにおいは強いが不純物が多いので,おもに雄から採取する。シベット採取のための飼育は,現在アフリカ産に限られているが,高温・多湿下,良質の餌(牛乳,卵白)を与えて,1回に7~8g,年間40回程度採取する(年間採取量約300g)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の霊猫香の言及

【シベトン】より

アフリカおよびインド産のジャコウネコの香囊(会陰腺)に蓄えられる動物性香料,霊猫香(れいびようこう)(シベット)の芳香成分。白色または無色の結晶。…

※「霊猫香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

霊猫香の関連キーワードアンブレットムスク人造麝香麝香嚢香水

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android