コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモクレン

2件 の用語解説(シモクレンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シモクレン

モクレン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモクレン
しもくれん / 紫木蘭
[学]Magnolia quinquepeta (Buchoz) Dandy

モクレン科の落葉低木ないし小高木。モクレン属の代表種で、単にモクレンともいう。葉は近縁のコブシ(二倍体)やハクモクレン(六倍体)によく似ているが、質は両者の中間。花は赤紫色で、コブシなどより遅れて、4~5月、葉の展開前から長期にわたって咲き続け、よく目だつ。四倍体である。世界中で広く栽培される花木の一つで、日本でも古くから栽培されている。中国原産である。50種以上の園芸品種があり、日本ではそのうち、全体に小形のトウモクレンや、花色の濃いカラスモクレンなどが栽植される。
 モクレン属は約90種からなるモクレン科中最大の属で、常緑または落葉の高木ないし低木。染色体の基本数は19で、ほとんどの種は二倍体である。東アジアから東南アジア、北アメリカ東部から南アメリカ北部と、両大陸に隔離分布することで有名である。近縁のオガタマノキ属は花が腋生(えきせい)で雌蕊(しずい)群が顕著に有柄であるためモクレン属と区別されるが、モクレン属は花が頂生し、果実が縦に裂開することでモクレン科のほかの属と区別される。温帯産落葉種のほとんどは花木、庭園樹として珍重され、とくにシモクレン類、ハクモクレン類、コブシ類、オオヤマレンゲ類が愛好されている。常緑のものでは、タイサンボクM. grandiflora L.とヒメタイサンボクM. virginiana L.がよく栽植される。これらの種間雑種もよくつくられるが、ほとんどの場合不稔(ふねん)である。漢方薬として利用するものもあり、材は一般に有用材である。[植田邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシモクレンの言及

【モクレン(木蓮∥木蘭)】より

…世界的に有名な花木であるシモクレンMagnolia quinquepeta (Buchoz) Dandy(=M.liliflora Desr.)(漢名は辛夷(しんい))(イラスト)やハクモクレンM.heptapeta (Buchoz) Dandy(=M.denudata Desr.)(漢名は玉蘭)などの総称。単にシモクレンのみを指すこともある。…

※「シモクレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone