コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーリエ Carl Vilhelm Ludvig Charlier

1件 の用語解説(シャーリエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャーリエ【Carl Vilhelm Ludvig Charlier】

1862‐1934
スウェーデン天文学者。1897‐1927年ルント大学天文学教授。1908年にH.W.M.オルバースパラドックスの解決案として階層宇宙論を提唱した。今では,パラドックスは相対論的宇宙で解消されたが,シャーリエの階層宇宙は,銀河,銀河団,超銀河団などの系列に具現されている。1916‐22年にはB型星の空間分布の研究から,太陽を含む直径2000光年,厚さ700光年の恒星集団,つまり局部恒星系を発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシャーリエの言及

【宇宙】より

…われわれを中心に宇宙を同じ厚さの殻に分割すると,遠い殻ではそこに含まれる銀河の数は距離の2乗に比例して増えるが,個々の銀河からわれわれに到達する光量は距離の2乗に逆比例して減るため,一つの殻からわれわれに到達する光量は一定となり,無限宇宙の無限の殻からわれわれに届く光量は無限に大きくなるからである。 この背理を避けるため,20世紀初めスウェーデンのシャーリエC.V.L.Charlier(1862‐1934)は特別な配位の無限階層の宇宙を考えた。しかし無限宇宙の困難を救ったのは彼の不自然な階層構造ではなく,遠い銀河ほど速く後退しているというハッブルの法則であり,物質の存在によって宇宙空間は曲がっているというアインシュタインの一般相対論の考えであった。…

【宇宙】より

…われわれを中心に宇宙を同じ厚さの殻に分割すると,遠い殻ではそこに含まれる銀河の数は距離の2乗に比例して増えるが,個々の銀河からわれわれに到達する光量は距離の2乗に逆比例して減るため,一つの殻からわれわれに到達する光量は一定となり,無限宇宙の無限の殻からわれわれに届く光量は無限に大きくなるからである。 この背理を避けるため,20世紀初めスウェーデンのシャーリエC.V.L.Charlier(1862‐1934)は特別な配位の無限階層の宇宙を考えた。しかし無限宇宙の困難を救ったのは彼の不自然な階層構造ではなく,遠い銀河ほど速く後退しているというハッブルの法則であり,物質の存在によって宇宙空間は曲がっているというアインシュタインの一般相対論の考えであった。…

※「シャーリエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーリエの関連キーワードサイゴン条約黒住教テンプル日本製鉄有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone