コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局部恒星系 きょくぶこうせいけい local stellar system

5件 の用語解説(局部恒星系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局部恒星系
きょくぶこうせいけい
local stellar system

昔は太陽の周辺の恒星の分布から,銀河系の構造を考えていたが,1910年代に現在の銀河系スケールが判明し,太陽が属する恒星集団を局部恒星系と呼ぶようになった。その性質は統計的に研究されており,明確な構造をもつものではなく,一つの散開星団とみることもできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょくぶ‐こうせいけい【局部恒星系】

銀河系の中で太陽付近にあると考えられていた恒星の集団。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

局部恒星系【きょくぶこうせいけい】

銀河系を構成する局部的な恒星密集部分のうち,太陽が属するものをいう。銀河面に対して約20°の傾きをもち,長径約2500光年,短径約600光年の楕円形の空間に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょくぶこうせいけい【局部恒星系 local stellar system】

銀河系内の天体のほとんどが銀河面に集中する傾向にあるのに反して,見かけの等級が5~6等より明るいB型星の天球における集中帯(グールド帯ともいう)は,銀河面に対して約20度の傾きをもつ。このような特異な現象から,太陽をとりまく近傍の若いOB型星は独立な系をなすと考えられ,これを局部恒星系という。図は太陽からの距離が約2500光年以内にあるOB型星の分布を,銀河中心と太陽を含み銀河面に垂直な平面に投影したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょくぶこうせいけい【局部恒星系】

銀河系の中の、太陽とその近くの恒星の集団。天文学上の歴史的な用語で、現在は実在しないと考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局部恒星系の関連キーワード光年銀河系外星雲銀河系内星雲銀河星雲銀河赤道天の川銀河銀河面遠銀点近銀点銀河X線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone