コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局部恒星系 きょくぶこうせいけいlocal stellar system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局部恒星系
きょくぶこうせいけい
local stellar system

昔は太陽の周辺の恒星分布から,銀河系の構造を考えていたが,1910年代に現在の銀河系のスケールが判明し,太陽が属する恒星集団を局部恒星系と呼ぶようになった。その性質は統計的に研究されており,明確な構造をもつものではなく,一つの散開星団とみることもできる。それは銀河系の中心から3万光年離れた,直径 5000光年程度の円盤系である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょくぶ‐こうせいけい【局部恒星系】

銀河系の中で太陽付近にあると考えられていた恒星の集団。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

局部恒星系【きょくぶこうせいけい】

銀河系を構成する局部的な恒星密集部分のうち,太陽が属するものをいう。銀河面に対して約20°の傾きをもち,長径約2500光年,短径約600光年の楕円形の空間に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょくぶこうせいけい【局部恒星系 local stellar system】

銀河系内の天体のほとんどが銀河面に集中する傾向にあるのに反して,見かけの等級が5~6等より明るいB型星の天球における集中帯(グールド帯ともいう)は,銀河面に対して約20度の傾きをもつ。このような特異な現象から,太陽をとりまく近傍の若いOB型星は独立な系をなすと考えられ,これを局部恒星系という。図は太陽からの距離が約2500光年以内にあるOB型星の分布を,銀河中心と太陽を含み銀河面に垂直な平面に投影したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょくぶこうせいけい【局部恒星系】

銀河系の中の、太陽とその近くの恒星の集団。天文学上の歴史的な用語で、現在は実在しないと考えられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

局部恒星系の関連キーワードC.V.L. シャーリエシャーリエ太陽向点グールド用語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android