コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウカイドウ(秋海棠) シュウカイドウBegonia evansiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウカイドウ(秋海棠)
シュウカイドウ
Begonia evansiana

シュウカイドウ科の多年草。中国南部の原産。日陰の湿ったところでよく生育する。観賞用に栽培され,また野生化しているものもある。地下に丸い塊茎があり多肉の茎を伸ばして高さ 60cmぐらいに達する。葉は互生し,ゆがんだ卵形で長さ8~15cmあり,長い柄をもつ。夏の終りから秋にかけて,枝先に美しい紅色の花をまばらな集散花序につける。雌雄同株。萼は2片あって大きく,花弁は2片で小さい。 蒴果には3枚の翼があり,内部に多数の種子を宿す。葉腋に小さい無性芽をつけ地に落ちて新しい苗となって繁殖することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シュウカイドウ(秋海棠)【シュウカイドウ】

中国原産のシュウカイドウ科の多年草。江戸時代初め日本に渡来したといわれ,各地の庭園に栽植されるが,暖地では日陰の湿地に野生化している。茎は高さ60cmほどになり,節の部分は紅色。
→関連項目ベゴニア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウカイドウ【シュウカイドウ(秋海棠) two‐colo(u)red begonia】

庭園や茶庭に植栽して,可憐な風情とその花を観賞するシュウカイドウ科の耐寒性の多年草(イラスト)。冬季に地上部は枯死し,地下の塊茎で越冬する。原産地は中国の長江以南の各省から山東,河北省に至る地域で,日本への渡来には諸説あるが,《日本博物学年表》によれば1641年(寛永18)長崎へ入った。関東以西の暖地では湿った樹林内に野生化している。地下茎は不整の塊形となり,多くの細根を出し,毎年新旧が交替する。茎は塊茎から出て高さ40~60cmとなり,緑色の多汁質で毛はなく,節は紅色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android