コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベゴニア ベゴニア Begonia; begonia

6件 の用語解説(ベゴニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベゴニア
ベゴニア
Begonia; begonia

シュウカイドウ科の多年草または半低木の1属。オーストラリアを除く熱帯,亜熱帯に分布し,約 900種が知られるが温室の草花,鉢植,花壇用など観賞植物として広く栽培され,園芸品種は数千に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベゴニア(〈ラテン〉Begonia)

シュウカイドウ科ベゴニア属(シュウカイドウ属)の植物の総称。多年草または小低木で、熱帯に多く産し、種類も多い。茎や葉は多肉質で柔らかい。葉は卵形や心臓形で裏面が赤や紫色。花は4弁および5弁花で、白・桃・赤・黄色など。観賞用とし、園芸種は非常に多い。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベゴニア

亜熱帯に広く分布するシュウカイドウ科の多年草または小低木。多く見積もれば2000種以上があるとされる。花や葉を観賞するため,多数の園芸種も作られ,多くは鉢植にして温室で栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベゴニア【begonia】

シュウカイドウ科シュウカイドウ属Begoniaに属する耐寒性のない多年草の総称。熱帯域を中心に2000種以上が分布している。それらから観賞用に栽培化された種は200種を超え,また種間交雑による品種改良も盛んで,美しい花や変わった葉をもつ多数の園芸品種がつくり出されている。この園芸的に栽培されるシュウカイドウ属の植物を,その属名から,一般にはベゴニアと総称している。 ベゴニアは多漿(たしよう)質の草本または半低木で,茎は直立するもの,つるとなって他物にからまるもの,あるいは太い根茎となって地面をはうもの,地下に塊茎をもつものなどいろいろである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベゴニア【Begonia】

シュウカイドウ科ベゴニア属の植物の総称。汁液の多い草本または半低木。熱帯・亜熱帯に広く分布。葉や花を観賞するため栽培し、多くの園芸品種がある。葉は左右不相称で、色彩・模様・形状など変化に富む。花は淡紅色、白、黄、赤、紫など。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベゴニア
べごにあ
[学]Begonia

シュウカイドウ科ベゴニア属の総称。草本または半低木。オーストラリアを除く世界の熱帯から亜熱帯に広く分布し、1000種以上が知られる。茎は直立するもの、つるとなって他物に絡まるもののほか、太い根茎となって地面をはうもの、地下に塊茎があるものなどがある。葉の形や色彩、模様、大きさ、毛の有無や色など変異が多い。雌雄同株。普通、茎頂に近い葉腋(ようえき)から花柄を出し、その先が3~7回、二又分岐を繰り返し、雄花を咲き進め、最後に雌花の大きな花房となって垂れ下がる。雄花は大きな丸形の2弁と小さな杓子(しゃくし)形の2弁からなり、雄しべは多数。雌花は大小不同の5弁からなり、雌しべは1本。子房は下位で、普通3室であるが、まれに2~5室、3枚の翼状突起があり、中に多数の胚珠(はいしゅ)がある。柱頭は3裂し、おのおのさらに2裂して先がねじれるか鶏冠状になる。[植村猶行]

系統品種

大きな属であり、80余節に分類されるが、園芸上は茎の形や性質、根の形態から次の8系統に分類されている。[植村猶行]
木立ち性ベゴニア
茎がまっすぐに立ち上がって伸びるグループで、茎の形や出方により、さらに矢竹型、叢生(そうせい)型、多肉茎型、つる性型に分けられる。[植村猶行]
根茎性ベゴニア
太く多汁質で節間の詰まった根茎が地面をはって広がるグループで、本属のなかではもっとも種類が多い。根茎の形によって横走根茎型、直立根茎型、半木立ち型、地中茎型に分けられる。葉の美しいものが多いので、観葉ベゴニアと総称することもある。大部分は冬から早春に開花し、比較的弱光線にも耐えるが、空中温度が高い所でよく育つ。[植村猶行]
球根性ベゴニア
地下に球根または塊茎がある原種、およびそれら原種どうしの単純な交配種であるが、比較的種類は少ない。[植村猶行]
球根ベゴニア
南アメリカのアンデス山系に野生する球根性ベゴニアであるボリビエンシスB. boliviencis A. DC.を中心に数種の原種を複雑に交配して育成された、多彩で美しい夏咲きベゴニアで、地中に塊茎がある。茎が立ち上がって伸びるスタンド型と、茎が垂れ下がるハンギング型とに分かれる。花色が豊富で美しいものが多い。[植村猶行]
レックスベゴニア
インドのアッサム地方原産の根茎性ベゴニアであるレックスB. rex Putz.をもとに、葉の美しいいくつかの原種を交配して育成されたもので、花は秋から冬にかけ観賞できる。栽培品種は1000種に近い。[植村猶行]
四季咲きベゴニア
木立ち性ベゴニアの叢生型に属するブラジル原産のセンパフローレンスB. semperflorens Link et Ottoをもとに改良された矮性(わいせい)種で、高さ15~40センチメートル。緑葉種と銅葉種に分かれ、白、淡黄色の斑(ふ)入り葉種もある。10℃以上の所では四季を通じて株を覆って咲き続けるので、花壇や鉢植え、プランター用として、世界中で数百種が栽培される。[植村猶行]
冬咲きベゴニア
英名をクリスマス・ベゴニアChristmas begoniaといい、クリスマスを中心に11月ころから春にかけて咲く、人工育成種である。[植村猶行]
エラチオール・ベゴニア
elatior begonia . ソコトラーナと球根ベゴニアの園芸品種を交雑して作出された人工育成種で、近年、ドイツのオットー・リーガーOtto Riegerが品種改良を進め発表した、緋赤(ひせき)色の一重咲きや桃色の八重咲きなど、一連のリーガール・ベゴニアもこの系統に属し、日本でも秋から早春の鉢花の主力品種として栽培される。[植村猶行]

栽培

比較的光量の少ない所でも育つ。また総じて寒さに弱いものが多く、冬は温室かフレーム内で保護する必要がある。用土は排水、水もちがよく有機質に富んだ清潔なものが望ましい。灌水(かんすい)は、鉢土の表面が白く乾いたらたっぷりとする。ネマトーダ(線虫類)に冒されやすいため、庭土など汚染のおそれのある土は使わないか、消毒してから用いるようにする。気温が20℃前後になる春先と秋口は、かならずうどんこ病が発生するので、早めに薬剤を散布する。繁殖は挿木、株分け、実生(みしょう)など、系統によって異なる。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベゴニアの関連キーワード甲州街道シュウカイドウ(秋海棠)公会堂醜怪秋海棠柳生街道ベゴニアセンパフローレンス水道週間坂東しうか(2代)シロバナシュウカイドウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベゴニアの関連情報