シュスター(読み)しゅすたー(英語表記)Arthur Schuster

日本大百科全書(ニッポニカ)「シュスター」の解説

シュスター
しゅすたー
Arthur Schuster
(1851―1934)

ドイツ生まれのイギリスの物理学者。フランクフルト・アム・マインで生まれ、マンチェスターに移り、イギリス国籍を得た。マンチェスター、ハイデルベルク、ゲッティンゲン、ベルリンの各大学で学び、1888年マンチェスター大学教授となる。ドイツ留学中にヘルムホルツの影響を受け、その「電解質対流」の理論を踏まえて、気体放電研究を展開し、「気体を通しての電気の通過」の一般理論をまとめた(1890)。そのほかスペクトル系列や地球の磁気に関する研究などがある。

[宮下晋吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シュスター」の解説

シュスター
Schuster, Sir Arthur

[生]1851.9.12. フランクフルトアムマイン
[]1934.10.14. イングランド
ドイツ系のイギリスの物理学者。父についてイギリスに移住。マンチェスター大学,ハイデルベルク大学に学び,マンチェスター大学教授 (1888) 。 1884年陰極線の磁場内での湾曲から電子の比電荷を考察。原子スペクトル系列の研究は J.リュードベリに受継がれ,リュードベリ=シュスターの規則として知られる。ほかに光学,統計学,地磁気の重要な研究を行なった。 1907年に退官して以降は,科学者の国際交流に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android