コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイガー Staiger, Emil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタイガー
Staiger, Emil

[生]1908.2.8. クロイツリンゲン
[没]1987.4.28.
スイスの文芸学者。 1943年チューリヒ大学ドイツ文学教授。伝記研究を排し,作品に即した固有な解釈を根本課題とした。ハイデガーの実存哲学からの影響が強い。主著『詩学の根本概念』 Grundbegriffe der Poetik (1946) ,『ゲーテ』 Goethe (52~59) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュタイガー【Emil Staiger】

1908‐87
スイスの文学史家,翻訳家。ゲーテの作品の文献学的研究(《ゲーテ》3巻,1952‐59)が大きな反響をよんだ。《詩学の根本概念》(1946)や《解釈の技術》(1955)は,文芸作品を純粋に言語芸術として理解する方法を示したもので,〈作品内在的解釈〉とよばれる新しい解釈学の方向を示したことで著名。ほかにシラー論,ソフォクレスの悲劇のドイツ語訳などがある。【宮下 啓三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイガー
しゅたいがー
Emil Staiger
(1908―1984)

スイスの文芸史家。ドイツ文芸学の主流を占める精神史研究の第一人者。「時間」と「様式」を主軸とする作品解釈の方法に独自の境地を開く。緻密(ちみつ)な言語感覚、ハイデッガーに負うところ多い存在論的思考、そして古典尊重の歴史認識が総合された典雅な学風が特色。『詩学の根本概念』(1946)、『ゲーテ』3巻(1952~59)が代表的著作。1943年よりチューリヒ大学教授を務めた。[三木正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュタイガーの関連キーワードカイザー(Wolfgang Kayser)ヘーゲル(年譜)アルギニンヘルバルト2月8日比較美学受容美学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android