コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュナイダーの火山分類 Schneider's classification of volcanoess

法則の辞典の解説

シュナイダーの火山分類【Schneider's classification of volcanoess】

以前に広く用いられた火山の分類で,1911年にドイツのシュナイダー(K. Schneider)が,火山の断面形や溶岩,火砕岩の割合などに基づいて行ったもの.

ペディオニーテ,②アスピーテ,③トロイデ,④ベロニーテ,⑤コニーデ,⑥ホマーテ,⑦マール,の七つを火山の基本形だと認め,複合火山はこれらの基本形の名称を組み合わせて表現するものとした.

現在では,これらの名称は火山学や地球物理学ではほとんど使われなくなったが,観光案内などには生き残っている.この分類は,ほぼ現在の下記の火山体の名称に対応したものとして引き継がれているといえる.

(1) 溶岩台地,(2) 楯状火山,(3) 熔岩円頂丘,(4) 火山岩尖,(5) 成層火山,(6) 火山砕屑丘,(7) マール.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

シュナイダーの火山分類の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android