コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプリューゲン峠 シュプリューゲンとうげ Splügenpass

2件 の用語解説(シュプリューゲン峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプリューゲン峠
シュプリューゲンとうげ
Splügenpass

イタリア語ではスプルーガ峠 Passo dello Spluga。スイスイタリアの国境,アルピレポンティネ東端にある峠。標高 2113m。スイス東部グラウビュンデン州シュプリューゲンから,イタリア北部ロンバルディア州のコモ湖方面に抜ける街道 (1822完成) にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュプリューゲン峠
しゅぷりゅーげんとうげ
Splgenpa

ヨーロッパ・アルプス越えの主要な峠の一つ。標高2113メートル。スイスのグラウビュンデン州のヒンターライン河谷にあるシュプリューゲン村(1460メートル)と北イタリアのキアベンナ(315メートル)を結ぶ。5月15日から11月30日まで通行可能。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュプリューゲン峠の関連キーワードスプルーイタリアンセリアックスプループルーデンスアルテイタリアーナ クルーズスイス・イタリア語放送管弦楽団テレビ テレビでイタリア語ラジオ まいにちイタリア語パラゴーネセリアック・スプルー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone