コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプリューゲン峠 シュプリューゲンとうげSplügenpass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプリューゲン峠
シュプリューゲンとうげ
Splügenpass

イタリア語ではスプルーガ峠 Passo dello Spluga。スイスとイタリアの国境,アルピレポンティネ東端にある峠。標高 2113m。スイス東部グラウビュンデン州のシュプリューゲンから,イタリア北部ロンバルディア州のコモ湖方面に抜ける街道 (1822完成) にある。イタリア側ではコモ湖に流入するメラ川の水源地帯となり,スイス側では峠下の町シュプリューゲンがウインタースポーツの基地となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュプリューゲン峠
しゅぷりゅーげんとうげ
Splgenpa

ヨーロッパ・アルプス越えの主要な峠の一つ。標高2113メートル。スイスのグラウビュンデン州のヒンターライン河谷にあるシュプリューゲン村(1460メートル)と北イタリアのキアベンナ(315メートル)を結ぶ。5月15日から11月30日まで通行可能。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュプリューゲン峠の関連キーワードグラウビュンデン・アルプスアドゥラ山群ミラノ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android