コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュードラカ Śūdraka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュードラカ
Śūdraka

中部インドの王,劇作家。4世紀頃在世。サンスクリット劇ムリッチャカティカー』の作者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュードラカ【Śūdraka】

インドの古典劇《ムリッチャカティカー(土の小車)》10幕の作者として知られているが,この作品の序幕でたたえられている伝説上のシュードラカ王とは別人とされる。あるいは,この戯曲の作者がシュードラカの名を自作に冠したとも考えられる。《ムリッチャカティカー》の年代はカーリダーサ以前であり,一般に350‐400年ごろとみなされているが,より後代,7世紀に至るまでの時期に成立したとする説もある。この戯曲は,作者がバーサに帰せられる未完の戯曲《チャールダッタCārudatta》を完成させたもので,有徳の商人チャールダッタと高潔な遊女バサンタセーナーVasantasenāの恋愛を中心的な主題とするが,インド古典戯曲には珍しく,政治劇・社会劇の要素をも備えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュードラカ
しゅーどらか
draka

生没年不詳。3世紀ごろ活躍した古代インドの劇作家。サンスクリット劇『ムリッチャカティカー』(土の小車)の作者といわれ、100歳の長寿を全うした学徳円満の王と伝えられる。10幕からなるこの劇は、ヒロインの名をとって『バサンタセーナー』ともよばれ、零落した商人と遊女の恋愛を主題とする。第4幕まではバーサの戯曲『チャールダッタ』をほとんどそのまま取り入れている。場面の多くは市井のできごとで変化に富み、登場人物も多く、悲劇・喜劇的要素を備え、二十数種のプラークリット語を使用した古典劇中特異の作品。[田中於莵弥]
『岩本裕訳『世界文学大系4 インド集 土の小車』(1959・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュードラカの言及

【インド演劇】より

…劇作家バーサ(3世紀ころ)の名は古くから知られていたが,その作品と推測される13種の戯曲は1910年に南インドで発見された。バーサに次ぐ劇作家はシュードラカ(4世紀)で,彼の作に帰せられる《ムリッチャカティカー(土の小車)》は,社会劇として古典劇中特異の地位を占めている。詩聖カーリダーサ(4~5世紀)は傑作《シャクンタラー》劇によってインド劇の真価を世界に知らしめたが,彼はほかに2編の戯曲を残している。…

※「シュードラカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュードラカの関連キーワードインド演劇

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android