コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウトンボ

百科事典マイペディアの解説

ショウジョウトンボ

トンボ目トンボ科の昆虫の1種。体長50mm内外。雌と未熟なの体はだいだい色であるが,老熟した雄は美しい深紅色になる。暖地の種類で,北海道以外の日本〜東洋の熱帯に広く分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジョウトンボ
しょうじょうとんぼ / 猩々蜻蛉
[学]Crocothemis servilia

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。体長約45ミリメートル。成熟した雄は体全体が猩々緋(しょうじょうひ)一色となるのでこの名があるが、未熟な時期および雌は全体が淡橙褐色(たんとうかっしょく)を呈する。平地の池沼に育つ普通種で、元来アジアの熱帯に広く分布し、日本(青森県まで)はその分布の北限にあたる。5月ごろ羽化が始まり、9月ごろまでみられる。日本では1年1世代を過ごすものと思われるが、南方暖地ではそれ以上の世代を繰り返すもので、成虫の体は南方地域のものほど小さい。いわゆるアカトンボとよばれるものに入れられるが、アカネ類とは習性が異なっている。[朝比奈正二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ショウジョウトンボの関連キーワードシオカラトンボ朝比奈正二郎アカトンボ赤蜻蛉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショウジョウトンボの関連情報