コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショートトラック ショートトラック

4件 の用語解説(ショートトラックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ショート‐トラック

short track raceから》1周が111.12メートルの室内リンクで行うスピードスケート競技。1992年の冬季五輪から正式種目に採用された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ショートトラック

4~6人が同時にスタートし、1周111・12メートルの楕円(だえん)を左回りする。タイムより着順を競うので、競争相手との駆け引きが要だ。メダルが期待される女子3000メートルリレーは昨季のワールドカップ6戦で4度表彰台に上がった。8チームが出場する中、韓国と中国が2強で、3番手争いは混戦が予想される。

(2014-02-06 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ショートトラック

スピードスケート競技の一種。1周111.12mのトラックを4〜6名の選手が同時に滑り順位を競う。タイムトライアルではなく着順を争う。アメリカカナダで盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ショートトラック【short track】

スケート競技の一。四~六人の選手が同時にスタートし,一周111.21メートルのトラックを数周回り,その順位を競う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショートトラックの関連キーワードスタートキャニスタースター級スタンディングスタートデュアルタイムレースグラブスタート箸渡しミニスタースキーボードクロスフライングスタート法

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショートトラックの関連情報