ショーラン(英語表記)shoran; short-range navigation system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーラン
shoran; short-range navigation system

船舶の電波航法の一種。船舶に搭載するレーダを使用し,船の位置を決定する短距離用航法システム。船のレーダから発する電波を,2つの沿岸局の応答装置が受けて応答電波を発信する。応答電波の時間遅れから,船と沿岸局との距離が測定されるので,船の位置は,2つの局を中心として,それぞれの距離を半径とする円の交点として求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショーランの関連情報