コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルウェステル1世 シルウェステルいっせいSilvester I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルウェステル1世
シルウェステルいっせい
Silvester I

[生]? ローマ
[没]335. ローマ
ローマ出身の教皇 (在位 314~335) 。聖人 (祝日 12月 31日-ヨーロッパでは大晦日をシルウェステルの日と呼ぶことがある) 。 314年のアルル教会会議のドナツス派排斥の決定を認め,325年の第1回ニカイア公会議に2人の使節を派遣した。旧法令集のなかのシルウェステルのカノンは6世紀初めのもの。伝説はコンスタンチヌス大帝の癩病をなおし,彼に洗礼を施し,そこからいわゆるコンスタンチヌス1世 (大帝) の贈与を受けたとされるが,これは後世の虚構。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シルウェステル1世の関連キーワードコンスタンチヌス大帝の寄進状コンスタンティヌスの寄進状コンスタンチヌス大帝スコラ・カントールムニカイア公会議音楽学校

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android