シルウェリウス(英語表記)Silverius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シルウェリウス」の解説

シルウェリウス
Silverius

[生]?. フロジノーネ
[]537.12.2?. パルマリア島
フロジノーネ出身の第58代教皇在位 536~537)。聖人。教皇ホルミスダス(在位 514~523)の息子。東ゴート(→ゴート人)のテオダハト王に指名され,536年6月に登位した。キリスト単性説の復興を望むビザンチン帝国の皇后テオドラは,シルウェリウスにコンスタンチノープル総大司教だったアンチモスの復権を求めたが,それが拒絶されると,536年12月,将軍ベリサリウスをローマへ侵攻させ,シルウェリウスにゴート人と共謀し反逆したというぬれぎぬを着せさせて廃位させた。テオドラはコンスタンチノープルの教皇大使だったウィギリウス後任の教皇とした。シルウェリウスはリュキアへ逃れたのち,テオドラの夫であるビザンチン皇帝ユスチニアヌス1世(在位 527~565)に訴え,審問のためローマに戻されたが,ウィギリウスによってナポリ沖のパルマリア島へ追放された。その地で殺害されたか餓死したとされる。祝日は 6月20日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android