コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルウェリウス Silverius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルウェリウス
Silverius

[生]?. フロジノーネ
[没]537.12.2?. パルマリア島
フロジノーネ出身の第58代教皇(在位 536~537)。聖人。教皇ホルミスダス(在位 514~523)の息子。東ゴート(→ゴート人)のテオダハト王に指名され,536年6月に登位した。キリスト単性説の復興を望むビザンチン帝国の皇后テオドラは,シルウェリウスにコンスタンチノープル総大司教だったアンチモスの復権を求めたが,それが拒絶されると,536年12月,将軍ベリサリウスをローマへ侵攻させ,シルウェリウスにゴート人と共謀し反逆したというぬれぎぬを着せさせて廃位させた。テオドラはコンスタンチノープルの教皇大使だったウィギリウスを後任の教皇とした。シルウェリウスはリュキアへ逃れたのち,テオドラの夫であるビザンチン皇帝ユスチニアヌス1世(在位 527~565)に訴え,審問のためローマに戻されたが,ウィギリウスによってナポリ沖のパルマリア島へ追放された。その地で殺害されたか餓死したとされる。祝日は 6月20日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シルウェリウスの関連キーワード戒告と訓告山陽本線ハギア・ソフィア大伴磐大伴狭手彦学童保育釧路[市]済南第三者のためにする契約律宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android