コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルバーパゴダ シルバーパゴダSilver Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

シルバーパゴダ【シルバーパゴダ】
Silver Pagoda

カンボジアの首都プノンペン市内、王宮の南側に隣接する壮麗な仏教寺院。今から約100年前に建立された王立の寺院で、伽藍(がらん)に銀のタイルが敷き詰められていることから、こう呼ばれる。内部には、数千個のダイヤがちりばめられた黄金仏像エメラルドの小さな仏像、仏陀の聖骨が納められているという精密な彫刻が施されたストゥーパ、仏陀の生涯を表した小さな黄金像、聖牛ナンディンの像などが安置されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シルバー‐パゴダ(Silver Pagoda)

カンボジアの首都プノンペンにある仏教寺院。プノンペン王宮の南側に隣接し、1902年に王室菩提寺として建立。1962年に大理石の柱をもつ現在の建物に再建された。名称は、床面に5000枚以上の銀のタイルを敷き詰めていることに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シルバーパゴダの関連キーワードカンボジア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android