コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロシタバ シロシタバ Catocala nivea

2件 の用語解説(シロシタバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロシタバ
シロシタバ
Catocala nivea

鱗翅目ヤガ科。前翅長 46~48mm。上翅表面は灰色地に黒褐色斑があり,樹皮のようである。後翅表面は白色で中央部と亜外縁に黒色帯がある。成虫は7~8月に出現する。幼虫の食草はサクラ北海道,本州,四国,九州,中国,インド北部に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロシタバ
しろしたば / 白下翅
[学]Catocala nivea

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張90ミリメートル内外。前翅は灰色に灰緑色を混じ、地衣状の重厚な斑紋(はんもん)を備え、後翅の地色は白色に近く、目だつ黒色帯をもつ。本種が含まれるシタバガ属は世界に約200種あるが、このような色調をもつ種はほかにはいない。東アジアの特産種で、とくに日本は分布の中心で、本種の標本は外国の収集家に好まれる。幼虫はウワミズザクラの葉を食べ、そのほかのサクラは好まない。すべてのシタバガ属のガと同様、年一化性で7~10月にみられる。卵で越冬する。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロシタバの関連キーワードタバコガフタオビコヤガムクゲコノハタマナヤガ夜蛾ヤガ(夜蛾)カブラヤガ(蕪夜蛾)シャクガ(尺蛾)ナシケンモン(梨剣紋)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone