コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロシタバ シロシタバCatocala nivea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロシタバ
Catocala nivea

鱗翅目ヤガ科。前翅長 46~48mm。上翅表面は灰色地に黒褐色斑があり,樹皮のようである。後翅表面は白色で中央部と亜外縁に黒色帯がある。成虫は7~8月に出現する。幼虫食草サクラ。北海道,本州,四国,九州,中国,インド北部に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロシタバ
しろしたば / 白下翅
[学]Catocala nivea

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張90ミリメートル内外。前翅は灰色に灰緑色を混じ、地衣状の重厚な斑紋(はんもん)を備え、後翅の地色は白色に近く、目だつ黒色帯をもつ。本種が含まれるシタバガ属は世界に約200種あるが、このような色調をもつ種はほかにはいない。東アジアの特産種で、とくに日本は分布の中心で、本種の標本は外国の収集家に好まれる。幼虫はウワミズザクラの葉を食べ、そのほかのサクラは好まない。すべてのシタバガ属のガと同様、年一化性で7~10月にみられる。卵で越冬する。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロシタバの関連キーワードムラサキシタバ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android