コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロス島 シロスとう Nísos Síros

3件 の用語解説(シロス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロス島
シロスとう
Nísos Síros

古代ギリシア語読みではシュロス Syros。ギリシアエーゲ海南部,キクラデス諸島中部の島。樹木に乏しい丘陵地から成り,東岸に中心都市エルムポリ (人口1万 3877〈1981〉) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シロス‐とう〔‐タウ〕【シロス島】

SyrosΣύρος》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。キクラデス諸島のほぼ中央に位置する。中心都市は東岸のエルムポリス。ローマカトリック教会が多いことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロス島
しろすとう
Sros

ギリシア南部、キクラデス諸島のほぼ中央にある島。面積84平方キロメートル、人口2万0220(2001)。別称シラSyra、英語名サイロスSyros、ラテン古称シルスSyrus。岩石性の島であるが、温暖な気候に恵まれ、園芸作物を豊富に産する。東岸の港湾都市エルムポリス(別称シロス)はキクラデス県の県都。旧市街は13世紀にベネチア人が創設した都市の名残(なごり)をとどめ、新市街はギリシア革命期(1821~29)に亡命ギリシア人が建設した。貿易、海運を主産業とするほか、造船などの工業も盛んである。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロス島の関連キーワードギリシアギリシア悲劇ピレウスギリシャ語ゼピュロスギリシア喜劇モスコプロス近代ギリシア語《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone