コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロセット加工 シロセットカコウ

デジタル大辞泉の解説

シロセット‐かこう【シロセット加工】

薬液による加工で、毛織物につけた折り目やひだに耐久性をもたせること。オーストラリアで開発された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シロセット加工【シロセットかこう】

羊毛製品のひだなどを固定,湿潤状態を経過しても消失しないようにする加工。浸透剤を加えた2〜4%のチオグリコール酸アンモニウム水溶液をズボン,プリーツスカートなどに噴霧,100〜120℃でホットプレスする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロセットかこう【シロセット加工 siroset finish】

親水性の羊毛繊維からなる毛織物にアイロンで付けた折目は,雨にぬれたりすると簡単に消えてしまう。この欠点を除くために,オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が発明した化学的な折目のセット法をシロセット加工という。チオグリコール酸アンモニウム水溶液を噴霧したズボンにホフマンプレスで折目を付けたり,プリーツ型紙とともに折りたたんだスカートをオートクレーブ中で蒸気処理することにより,耐久性のよいすじが固定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シロセットかこう【シロセット加工】

毛織物に薬液を噴霧し蒸気で処理して耐久性のあるひだや折り目をつくること。オーストラリアで開発された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシロセット加工の言及

【プリーツ加工】より

…スカート,ブラウス,ズボン,飾りレースなどに,雨などで簡単にとれることのないひだ(プリーツ)を付ける加工。熱可塑性の合成繊維はヒートセットにより耐洗濯性のあるパーマネントプリーツが得られる。毛織物の場合はアイロン掛けでつけたひだは耐久性がない。オーストラリアの連邦科学産業機構(CSIRO)で開発されたシロセットSiroset加工は,毛織物を還元性セット剤の存在下で蒸熱してひだを与える方法であり,羊毛のシスチン残基のジスルフィド架橋結合が還元により切断され,その状態でひだの形がセットされるものである。…

※「シロセット加工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロセット加工の関連キーワードプリーツ加工親水性薬液

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android