折(り)目(読み)オリメ

デジタル大辞泉の解説

おり‐め〔をり‐〕【折(り)目】

紙・衣服などを折りたたむときにできる境目の筋。「ズボンに折り目をつける」
物事のくぎり。けじめ。「生活に折り目をつける」
立ち居振る舞い。行儀作法。
よい折。機会。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おり‐め をり‥【折目】

〘名〙
① 物を折りたたんださかいめ。折りたたんださかいの線。
※新撰六帖(1244頃)六「散(ちる)を我惜しみもちたる後までもをりめはつけじ桜うすやう〈藤原信実〉」
② 物事の時間的な区切り。
※出発は遂に訪れず(1962)〈島尾敏雄〉「課業の折り目をしらせる信号兵のラッパ」
③ 物事のきまりやけじめ。また、立居振舞い。礼儀作法。→折目正しい
※童貞(1964)〈富士正晴〉一一「軍隊の折り目がわたしの心にピッタリとつきすぎている」
④ (生活のけじめの意から) 年中行事。節の日。物日。
春泥(1928)〈久保田万太郎三羽烏「盆とか、暮とか、正月とか、さうした折目切れ目以外には」
⑤ 何かするに都合のよい時。機会。
※日葡辞書(1603‐04)「ソノ vorimeni(ヲリメニ) ゴザレ」
⑥ 歩いていて方角を変える時の方向転換(日葡辞書(1603‐04))。
⑦ 鷹の翼の一部の名称。
⑧ 武家で少年が初めて鳥や獣を射とめた時、その肉を料理して餠を供えて祝うこと。のちに狩りに参加したものが初めて獲物をとった時の祝宴もいうようになった。矢開き。矢先祝(やさきいわ)い。

おれ‐め をれ‥【折目】

〘名〙
① 移り変わる時期。さかいめに当たる時。
※歌舞伎・網模様燈籠菊桐(小猿七之助)(1857)序幕「七十両払ひを取った金はあれど、生憎(あいにく)今日は二季の折目(ヲレメ)是非とも旦那に納めにゃあ」
② ものが折れたさかいめ。折れ口。〔日葡辞書(1603‐04)〕
片われ月(1901)〈金子薫園〉「大風に吹きをられたる無花果のをれめに生ひぬ名もなき小草」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android