コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワリク丘陵 シワリクきゅうりょう Siwalik Hills

2件 の用語解説(シワリク丘陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シワリクきゅうりょう【シワリク丘陵 Siwalik Hills】

ヒマラヤ山脈の南縁に沿って横たわり,西はインダス川から東はブラフマプトラ川まで幅8~50km,高さ900~3000m,全長1600kmにわたる丘陵。地質学的にはサブ・ヒマラヤ帯とされる。シワリクという語は北部インドの1地名だったが,上記地域全体をさすようになった。この地域は中新世中ごろから更新世初めにかけて形成された。この丘陵の主部をつくるシワリク層群の地層は古い方から下部(カムリアル,チンジ),中部(ナグリ,ドークパタン),上部(タトロット,ピンジョール,ボールダー・コングロメレート)に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シワリク丘陵
しわりくきゅうりょう
Siwalik Hills

インド北西部、ヒマラヤ山脈ガンジス平野の間にある丘陵。外ヒマラヤともよばれ、北西から東に弧状にヒマラヤ山脈の南麓(なんろく)を約2500キロメートルにわたって縁どる。平均高度約600メートル、幅10~50キロメートル。新第三紀以降のヒマラヤ山脈の急激な上昇によって生産された、シワリク層とよばれる粗粒の河成の堆積(たいせき)物よりなり、多量の大型動物化石を産出することで知られる。丘陵中にはドゥーンとよばれる構造性の縦谷が発達する所がある。[中田 高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シワリク丘陵の関連キーワードカトマンズダージリンチベット高原テチス海ヒマラヤ山脈マナスルカイラス山ヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone