コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンケプ島 シンケプとうPulau Singkep

デジタル大辞泉の解説

シンケプ‐とう〔‐タウ〕【シンケプ島】

Pulau Singkep》インドネシア西部、スマトラ島東岸沖に浮かぶ島。リンガ諸島に属す。バンカ島ブリトゥン島とともに世界的な錫(すず)の産地として知られる。シンケップ島。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンケプ島
しんけぷとう
Pulau Singkep

インドネシア西部、スマトラ島東岸沖のリンガ諸島にある島。マレー半島の先端部が沈水して形成された島で、丘陵性の地形をなす。錫(すず)の産地として世界的に知られ、ビリトゥン島、バンカ島とともに「錫群島」を形成する。錫鉱山は東部のラジャ川付近にある。住民はマレー系種族と華僑(かきょう)が多く、鉱山で働くほか、サゴヤシ、コプラなどの栽培と漁業に従事する。行政上はスマトラ島のリアウ州に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シンケプ島の関連キーワードビリトゥン[島]リンガ[諸島]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android