コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンジケート・ローン syndicated loan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンジケート・ローン
syndicated loan

中心となる幹事銀行のもとに複数の金融機関が協調し,融資団 (シンジケート) を組成して行う大型信用供与をいう。貸手はリスク分散がはかられ,借手は同一手続によって多額の資産を効率的に調達できる。 1968年のオーストリア向けの1億ドルのローンがシンジケート・ローン第1号といわれており,1970年代に入るとユーロ市場を中心に急速に発達した。一般に期間が5~15年の中長期貸付けが多く,融資金利はユーロ市場の調達金利 (普通は LIBOR) にスプレッドを上乗せしてスライドするフローティング・レートが適用されている。スプレッドは融資期間の長短や信用リスクに応じて決定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

シンジケート・ローン

複数の金融機関(銀行等)がシンジケート団を組織し、同一の契約書、同一の条件で協調融資を行うこと。銀行等が企業等に貸し出しを行うという意味では、伝統的な融資(ローン)と変わらない。ただ、複数の金融機関が同一の契約書、同一の条件で融資を行うため、(1)金利等の条件が市場原理に基づいて決定される、(2)同一条件での融資のため、事後的な債権の売買が容易となる、という特徴があるといわれている。そのため、シンジケート・ローンが普及すれば、参加した金融機関同士はもとより、機関投資家なども含めたローン債権売買の活性化につながると期待されている。現在、日本ローン債権市場協会(JSLA)・日本銀行・金融機関などの関係者は、ローン債権取引の標準契約書の制定、貸付債権の譲渡価格算定ツール作成、ローン債権のマーケット・メイクの試みなどローン債権流通市場を作る努力を進めている。シンジケート・ローンの組成実績は2005年には約25兆円に達している。しかし、組成されたローン債権が実際に売買によって流通しているケースは、まだ限定的である。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

シンジケート・ローンの関連キーワードプロジェクト・ファイナンスロックフェラー財閥新しい信託ビジネスユーロ・クレジットローン(貸出)国際金融市場ライボー借款

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シンジケート・ローンの関連情報