コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンプリキオス シンプリキオス Simplikios

3件 の用語解説(シンプリキオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンプリキオス
シンプリキオス
Simplikios

530年頃活躍したギリシアの哲学者。アンモニオスダマスキオスに学び新プラトン主義を奉じた。ユスチニアヌス帝によるアテネアカデメイア閉鎖後 (529) ,ダマスキオスほか新プラトン派の人々とペルシアへおもむく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シンプリキオス【Simplikios】

古代末期の新プラトン派の哲学者。生没年不詳(盛年530年ころ)。キリキアに生まれ,アテナイとアレクサンドリアで活躍した。アリストテレスの《天界論》《自然学》《霊魂論》《範疇論》の注釈,およびエピクテトスの《備忘録》の注釈が残っている。これらの注釈は,前ソクラテス期の哲学者の断片を多数保存していることで哲学史上重要である。【大沼 忠弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シンプリキオス【Simplikios】

490~550頃) 古代ギリシャ最末期の思想家。アテナイの新プラトン主義者。ユスティニアヌス帝の哲学禁止勅令でペルシャに亡命した七人の一人。アリストテレス・エピクテトスの著作の注釈書を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンプリキオスの関連キーワードスペウシッポスフィロラオスプラトン主義ロンギノスギリシャ哲学セクストスホエンペイリコスピュタゴラス新プラトン学派新プラトン主義協会アンモニオス・サッカス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone