コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーク シーク seek

翻訳|seek

3件 の用語解説(シークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シーク(seek)

探し求めること。
コンピューターで、データの読み書きのために、磁気ディスクなど記憶装置の所定の位置に読み書きヘッドが移動すること。「シークタイム」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーク
しーく
Ota ik
(1919―2004)

チェコ出身の経済学者。プルゼニに生まれ、プラハギムナジウム在学中マルクス主義学生サークルに参加、1940~45年マウトハウゼン(オーストリア)の強制収容所に収容された。第二次世界大戦後学業を終え、共産党政治大学教授(1952~58)、党社会科学アカデミー教授(1958~61)、科学アカデミー経済研究所長(1962~68)を歴任、62年には党中央委員に選ばれる。スターリン批判前後より改革派的な議論を展開していたが、68年「プラハの春」が開始されるや、急進的改革論者として登場、副首相として経済改革の推進にあたった。同年8月のソ連など5か国軍(ワルシャワ条約機構軍)による軍事介入後、スイスに亡命、70年には市民権を剥奪(はくだつ)された。70~91年の間はスイスのザンクト・ガレン経済社会大学教授を務め、資本主義でも社会主義でもない「第三の道」を提唱したことで知られる。1983年スイス国籍を取得したが、「ビロード革命」(1989年の共産党政権崩壊)後の90年チェコ政府により名誉回復され、一時大統領ハベルの顧問会議メンバーでもあった。アマチュア画家としても一流で、プラハで個展を開いたこともあった。[佐藤経明]
『篠田雄次郎訳『新しい経済社会への提言――もう一つの可能性を求めた第三の道』(1976・日本経営出版会) ▽高橋正雄・渡辺文太郎訳『クレムリン――官僚支配の実態』(1983・時事通信社) ▽古河幹夫訳『人間の顔をした経済システム』(1992・海青社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シークの関連キーワード非ノイマン型コンピューターモバイルコンピューターコンピュータリゼーションウエアラブルコンピューターコンピューターアートハイブリッドコンピューターミニコンピューターポータブルコンピューターボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シークの関連情報