コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーク seek

翻訳|seek

デジタル大辞泉の解説

シーク(seek)

探し求めること。
コンピューターで、データの読み書きのために、磁気ディスクなど記憶装置の所定の位置に読み書きヘッドが移動すること。「シークタイム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シーク

シーク時間」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーク
しーく
Ota ik
(1919―2004)

チェコ出身の経済学者。プルゼニに生まれ、プラハのギムナジウム在学中マルクス主義学生サークルに参加、1940~45年マウトハウゼン(オーストリア)の強制収容所に収容された。第二次世界大戦後学業を終え、共産党政治大学教授(1952~58)、党社会科学アカデミー教授(1958~61)、科学アカデミー経済研究所長(1962~68)を歴任、62年には党中央委員に選ばれる。スターリン批判前後より改革派的な議論を展開していたが、68年「プラハの春」が開始されるや、急進的改革論者として登場、副首相として経済改革の推進にあたった。同年8月のソ連など5か国軍(ワルシャワ条約機構軍)による軍事介入後、スイスに亡命、70年には市民権を剥奪(はくだつ)された。70~91年の間はスイスのザンクト・ガレン経済社会大学教授を務め、資本主義でも社会主義でもない「第三の道」を提唱したことで知られる。1983年スイス国籍を取得したが、「ビロード革命」(1989年の共産党政権崩壊)後の90年チェコ政府により名誉回復され、一時大統領ハベルの顧問会議メンバーでもあった。アマチュア画家としても一流で、プラハで個展を開いたこともあった。[佐藤経明]
『篠田雄次郎訳『新しい経済社会への提言――もう一つの可能性を求めた第三の道』(1976・日本経営出版会) ▽高橋正雄・渡辺文太郎訳『クレムリン――官僚支配の実態』(1983・時事通信社) ▽古河幹夫訳『人間の顔をした経済システム』(1992・海青社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シークの関連キーワードシークレット・ルーム2~京城妓房・栄華館~ウェアハウス13 秘密の倉庫 事件ファイルウェイワード・パインズ/出口のない街ババル・カルサ・インターナショナルRockRidgeフォーマット0088 ワイルド・ウエストプライベートブラウジングジョナサン ドナヒューダニエル シュナイダーカラミティ・ジェーンウィリアム ジレットワー・ワー ワトソン国際シーク青年連盟秘密の窓、秘密の庭サンキュー・ガールウルトラマンナイス平均位置決め時間メディアシークロン ムーディロンダ バーン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シークの関連情報