ジャパン・マネー(英語表記)Japanese money

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャパン・マネー
Japanese money

1980年代半ば以降,円高,経常収支黒字および国内の低金利などを背景に日本の金融・株式土地の資産価額が増加し,これがジャパン・マネーと呼ばれる投資資金の源泉となった。これらの資金は,内外を問わず収益機会を求めて移動し,規模も巨額であることから,外国為替市場や世界的な資金の流れに与える影響も大きく,その動向国際金融市場でも注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android