コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャルー ジャルー Jaloux, Edmond

2件 の用語解説(ジャルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャルー
ジャルー
Jaloux, Edmond

[生]1878.6.19. マルセイユ
[没]1949.8.15. スイス,リュトリ
フランスの小説家,批評家。主著,小説『あとは沈黙』 Le Reste est silence (1909) ,評論『書物の精神』L'Esprit des livres (23) ,『リルケ論』 Rainer Maria Rilke (27) ,『ゲーテの生涯』 Vie de Goethe (33) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャルー
じゃるー
Edmond Jaloux
(1878―1949)

フランスの小説家、評論家。マルセイユに生まれる。16歳で最初の詩集、21歳で最初の小説『愛の終末』を発表。以後40冊ほどの小説を発表し、1909年フェミナ賞を受賞、20年アカデミー・フランセーズ文学大賞を受賞、36年にはアカデミー会員に選ばれた。ドイツ・ロマン派文学の影響を強く受け、リルケ、エドガー・ポー、シュニッツラーなどに心酔した。したがって作風はロマンチックであり、一時代前の自然主義には反発したが、シュルレアリスムのよき理解者でもあった。ジャルーが作家として活躍したのは1920年代までで、晩年は『ヌーベル・リテレール』紙を中心に文芸時評の筆を振るった[稲田三吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャルーの関連キーワードマルセイエーズ馬耳塞ラマルセイエーズマルセル石鹸アデュー・マルセイユ マルセイユへ愛をこめてマルセイユ国立バレエ団ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団マルセイユ文書マルセイユ版マルセイユ風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャルーの関連情報