コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンクション junction

翻訳|junction

デジタル大辞泉の解説

ジャンクション(junction)

連結。接合。
高速道路などの合流地点。また、その地点で相互連結する立体交差部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ジャンクション【junction】

結合。接合。連結。
複数の高速道路を相互に連絡するための立体交差部分。 → インターチェンジ
英文法学者イェスペルセンの用語。修飾・被修飾の関係になっている語と語との結合。 → ネクサス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャンクション
じゃんくしょん
junction

高速道路相互を直接接続するインターチェンジのこと。高速道路が延長を伸ばし、高速道路網を形成するようになると、当然、高速道路どうしが直接結ばれるようになる。日本道路公団では、一般道路との出入を目的とした通常のインターチェンジと区別するため、これらをとくにジャンクションとよんでいる。日本道路公団の基準によると、ジャンクションは高速道路相互を直接接続するもっとも重要でかつ高級なインターチェンジとして位置づけられており、通常、時速40~80キロメートルといった高い設計速度が適用されている。[吉川和広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジャンクションの言及

【インターチェンジ】より

…道路上で交差,分岐,合流する交通を能率よく安全に走行させるための施設で,一般には高速道路の出入口の呼称として知られているが,一般道路相互の交差,接続部であっても,立体交差し,連結路をもっていればインターチェンジである。高速道路が相互に交差,接続するときも,機能的にはインターチェンジであるが,一般道路への出入口と区別するため,日本の都市間高速道路では,これをジャンクションjunctionと呼んでいる。また都市高速道路の出入口は,並行する街路に昇降する連結路が分散して設置され,一つのまとまった形を形成していないことが多いので,単にランプrampと呼ばれている。…

【高速道路】より

…その形式は地形や交通量に応じて各種のものが使われるが,日本の高速道路は有料制であるので,料金所を置くのに便利なトランペット型が多い。また高速道路相互を連絡するジャンクションでは,Y型など設計速度を高くできる形のものを用いるのが一般である。(2)休憩施設 高速道路旅行者のためのサービス施設で,駐車場と休憩園地を基本とした小規模のものをパーキングエリアと呼び,10~15kmの間隔で設けられる。…

※「ジャンクション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャンクションの関連キーワードホーナー(James Robert Horner、プロ野球選手)シュロップシャー・ユニオン運河ローチ(Ken Loach)第2東名(新東名)高速道路中国横断自動車道尾道松江線ダブルベース・ダイオード首都圏中央連絡自動車道ジャンクションシティータイトジャンクション千葉県千葉市稲毛区S.P. ソムトウコンジャンクション県内の無料化区間九州縦貫自動車道静岡県浜松市北区ジャック ダン埼玉県鶴ヶ島市北関東自動車道新東名高速道路四国中央(市)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャンクションの関連情報