コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンセン Jansen, Marius Berthus

4件 の用語解説(ジャンセンの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジャンセン Jansen, Marius Berthus

1922-2000 アメリカの日本史学者。
1922年4月11日オランダ生まれ。アメリカに移住。第二次大戦中軍事要員として日本語をまなび,戦後沖縄に進駐。ハーバード大でE.O.ライシャワーに師事する。ワシントン大教授をへて,1959年母校プリンストン大の教授となる。幕末から明治にかけての日本を研究。平成11年文化功労者。2000年12月10日死去。78歳。著作に「日本人と孫逸仙」「坂本竜馬明治維新」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンセン
ジャンセン

ヤンセニウス」のページをご覧ください。

ジャンセン
ジャンセン
Janssen, Pierre-Jules-César

[生]1824.2.22. パリ
[没]1907.12.23. ムードン
フランス天文学者パリ大学卒業。建築学校の一般科学教授 (1865) 。ムードン天文台初代台長 (93) 。 1868年に J.ロッキャーとは独立に太陽紅炎の平時観測法を見出したことで有名であるが,ほかにみずからアルプス,モンブラン山頂に設立した観測所での観測研究に基づき,太陽スペクトル中の酸素吸収線が地球大気中の酸素によるものであることを初めて明らかにしたこと (93) ,また太陽の写真観測を初めて系統的に行い,6000枚以上の写真から成る『太陽写真地図Atlas des photographies solaires (1904) を出版したことでも知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ジャンセン


ヤンセンをも見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャンセンの関連キーワード階乗没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケパリのジャンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャンセンの関連情報