コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンボローニャ Giambologna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンボローニャ
Giambologna

[生]1529. スペイン領ネーデルラント,ドゥエ
[没]1608.8.13. イタリア,フィレンツェ
フランドルで修業し,イタリアで活躍した彫刻家マニエリスムを代表する一人。ジョバンニ・ダ・ボローニャ Giovanni Da Bologna,またはジャン・ブーローニュ Jean Boulogneとも呼ばれる。1555年頃イタリアに移住し,一時ローマに滞在したが,1557年フィレンツェに定住。ボローニャの『ネプチューンの泉』(1563~66)を制作して名声を博し,ミケランジェロ死後のフィレンツェにおける最も有名な彫刻家となる。作風は躍動感に富み,『サビニ人の女の略奪』(1579~83,フィレンツェ,ロッジア・ディ・ランツィ)ではあらゆる視点からの観賞を考慮したマニエリスム彫刻の最も発展した形式を示す。ブロンズ作品としては『メルクリウス』(1580頃,フィレンツェ,バルジェロ国立美術館),『大公コジモ1世の騎馬像』(1587~94,フィレンツェ,シニョリーア広場)などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のジャンボローニャの言及

【イタリア美術】より

…この危機を代表するものがミケランジェロ,ポントルモ,ロッソ,パルミジャニーノ,ティントレットなど,マニエリスムの芸術である。彫刻ではジャンボローニャGiambologna(1524‐1608)が代表する。彼らは歪んだ比例,かたよった空間,奇想にみちた象徴的表現などによって,形象では表し得ぬ思想や情念を表現しようとした。…

【ジョバンニ・ダ・ボローニャ】より

…フランドル出身で,フィレンツェで活躍したマニエリスムの代表的彫刻家。ジャンボローニャGiambologna,ジャン・ド・ブーローニュJean de Boulogneともいう。フィレンツェでアンマナーティB.Ammanatiの影響のもとに名人芸を磨き,16世紀におけるミケランジェロ以後最大の彫刻家となった。…

※「ジャンボローニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャンボローニャの関連キーワードジョバンニ・ダ・ボローニャマッジョーレ広場シニョーリア広場イタリア美術フリース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android