コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンム Jammu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンム
Jammu

インド北西部,ジャンム・カシミール州の冬季の州都 (夏季はスリナガルに移る) 。州南西部,スリナガルの南約 160kmに位置。独立前はラージプート王家の王都の地。現在は州の南半を占めるジャンム地方の中心都市で,鉄道支線の終点。農産物の集散と絹織物,絨毯の製造が行われる。人口 20万 6135 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャンム(Jammu)

インド北部、ジャンムカシミール州の都市。冬季における同州の州都。スリナガルの南約160キロメートル、チェナブ川の支流タウィ川沿いに位置する。鉄道交通の要地。19世紀にラージプート諸王朝のドグラ王国が建てた、バフ要塞やラグナス寺院がある。ジャンムー。ジャム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジャンムの関連キーワードジャンム・カシミール解放戦線マディヤ・プラデーシュ[州]ジャンム・カシミール[州]ナムギャルツェモ僧院アザドカシミール准州クンジェラーブ峠チナールバーグアブドゥッラーパキスタン地震アナントナーグウルドゥー語ヌンクン山群スピトク僧院インド[国]シアールコトスリーナガルリキル僧院カシミールアルチ僧院パキスタン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android