コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウモンジクラゲ Kishinouyea nagatensis

2件 の用語解説(ジュウモンジクラゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウモンジクラゲ【Kishinouyea nagatensis】

ハチクラゲジュウモンジクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。傘が十字形をしているところからこの名がある。本州中部以南に分布し,海藻に付着している。1本の円筒状の柄部から長さ1~2cmの8本の腕がのびるが,2本の腕が互いに連結しているので十字形になっている。おのおのの腕の先端には小触手が集まった触手群があり,小触手の先端には球状の吸球がある。体はふつう褐色か緑褐色で白斑があるが紫色の斑紋が混じっていることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウモンジクラゲ
じゅうもんじくらげ / 十文字水母
[学]Kishinouyea nagatensis

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱十文字クラゲ目ジュウモンジクラゲ科に属する海産動物。浅海の海藻やスガモなどの水草に付着して生活し、普通のクラゲのように遊泳はしない。体は平面が十字形で、その1軸の長さは1~2センチメートル。短い柄が中央上方に伸び、その先端は足盤となり、それで他物に付着する。各軸は2本の腕に分かれ、先端に一群の有頭の触手がみられる。体の中央に十字形の口が開いている。各腕の両側内部には生殖腺(せん)が発達する。日本の特産種で、本州中部から九州に至る太平洋沿岸各地の浅海に発見される。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジュウモンジクラゲの言及

【腔腸動物】より

…8個の平衡器と色素のある眼点をもち,とくにアンドンクラゲはたくさんの眼点をもっている。 ジュウモンジクラゲ類のアサガオクラゲやササキクラゲなどはポリプとクラゲが合着した形で,柄部の足盤で海藻などに付着し,傘を広げている。アンドンクラゲやヒクラゲなどの立方クラゲ類の傘には表面に刺胞群をもつものもあり,刺胞毒は激しい。…

※「ジュウモンジクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュウモンジクラゲの関連キーワードアラゲキクラゲビゼンクラゲ琴水母蛸水母備前水母水水母赤水母行灯水母銀貨水母鉢水母

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone