コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズサンゴ rouge plant

世界大百科事典 第2版の解説

ジュズサンゴ【rouge plant】

西インド諸島,メキシコ北アメリカ南部原産のヤマゴボウ科の多年草。細い総状花序に紅色の小さな果実を多数つけ,数珠玉を連ねたように見える。茎は直立して高さ0.3~1m,緑色で柔らかいが,下部は木質化して低木状である。葉は薄く,互生し,卵形で先がとがり,長さ4~12cm,幅2~6cm,縁に鋸歯がない。夏から秋にかけて枝先にできる花序に,多数の小さな淡紅白色の花がつく。花は,4枚の花被と4本のおしべ,1室で1個の胚珠をもつめしべからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュズサンゴ
じゅずさんご / 数珠珊瑚
[学]Rivina humilis L.

ヤマゴボウ科の常緑多年草。古株は基部が木質化する。鉢植えでは高さ約30センチメートルで開花、結実するが、地植えでは1メートル以上になる。葉は互生し、長卵形で長さ6~8センチメートル、質は薄く、長い柄がある。茎の上部の葉腋(ようえき)から長さ10センチメートル以上の花茎を横向きに出し、総状花序をつける。花は目だたないが、開花後、数珠(じゅず)状の赤色の小さい果実を多数結実し、美しい。果実が黄色い品種もある。北アメリカ南部、メキシコ、南アメリカ北部の原産で、大正初年に渡来した。実生(みしょう)または挿木で殖やす。8℃以上で越冬する。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例