コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズモ(数珠藻) ジュズモChaetomorpha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュズモ(数珠藻)
ジュズモ
Chaetomorpha

緑藻類ミドリゲ目シオグサ科の海藻。藻体は糸状で分枝せず仮根をもっている。細胞は大型で糸状体はじゅず玉が並んだようなあらい感じがする。日本では数種知られているが,太平洋側では特にフトジュズモ C. spiralis,ホソジュズモ C. crassaが潮間帯の下部から低潮線下に生じ,他のいろいろな海藻に巻きついているので,打上げられた藻類の間に発見されることが多い。前者はよりの強い糸のようによくちぢれており,後者は前者に比して軟らかくしばしば大きな塊になる。また,同属のタマジュズモ C. moniligenaは,潮間帯の上部に生ずるが,体は直立して叢生するが団塊にはならない。上部の細胞はふくれて球状を呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュズモ【ジュズモ(数珠藻) Chaetomorpha】

海にも淡水にも生育するシオグサ属に近縁の緑藻の1属で,体は単列糸状,無分枝で,細胞が多数の核と網目状の葉緑体をもつことで特徴づけられる。体を構成する細胞は種類によってはきわめて大きく,海産のフトジュズモC.spiralis Okam.やタマジュズモC.moniligera Kjellmanでは直径2mm以上に及ぶものがある。この属の生活史は基本的にはシオグサ属と同じ同型世代交代である。種類数は多いが,体制が単純であるため,分類上の特徴はとらえにくい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジュズモ(数珠藻)の関連キーワードホソジュズモタマジュズモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android