コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズモ(数珠藻) ジュズモ Chaetomorpha

2件 の用語解説(ジュズモ(数珠藻)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュズモ(数珠藻)
ジュズモ
Chaetomorpha

緑藻類ミドリゲ目シオグサ科の海藻。藻体は糸状で分枝せず仮根をもっている。細胞は大型で糸状体はじゅず玉が並んだようなあらい感じがする。日本では数種知られているが,太平洋側では特にフトジュズモ C. spiralis,ホソジュズモ C. crassaが潮間帯の下部から低潮線下に生じ,他のいろいろな海藻に巻きついているので,打上げられた藻類の間に発見されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジュズモ【ジュズモ(数珠藻) Chaetomorpha】

海にも淡水にも生育するシオグサ属に近縁の緑藻の1属で,体は単列糸状,無分枝で,細胞が多数の核と網目状の葉緑体をもつことで特徴づけられる。体を構成する細胞は種類によってはきわめて大きく,海産のフトジュズモC.spiralis Okam.やタマジュズモC.moniligera Kjellmanでは直径2mm以上に及ぶものがある。この属の生活史は基本的にはシオグサ属と同じ同型世代交代である。種類数は多いが,体制が単純であるため,分類上の特徴はとらえにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュズモ(数珠藻)の関連キーワードウルシグサ(漆草)淡水藻もしほ草剣微塵子毬藻アワ好冷細菌モシオグサクリプトモナスシオグサ(汐草)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone