コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズモ

百科事典マイペディアの解説

ジュズモ

広く世界に分布する緑藻類シオグサ科ジュズモ属数十種の総称。体は細胞が1列に数珠(じゅず)のように並び枝分れせず,基部は盤状または分岐して他物に固着する。海産にはタマジュズモフトジュズモなど,淡水産にはミゾジュズモなどがあるが,特に利用価値はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュズモ
じゅずも / 数珠藻
[学]Chaetomorpha

緑藻類シオグサ目の1属の総称。体には、肉眼でもそれとわかる0.5~2.0ミリメートルほどの球状の細胞が数珠(じゅず)のように一列につながっているのでジュズモとよばれる。細胞は多核で、1個以上の核をもつ。糸状体の形には、まっすぐのもの、ねじれているもの、絡み合うものなどがあり、すべてが海産。日本にはフトジュズモC. spiralis、ホソジュズモC. crassaなどが広く分布する。[小林 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュズモの関連キーワードジュズモ(数珠藻)タルガタジュズモウスイロジュズモネンジュモ数珠藻小林

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android