コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュヌビエーブ Geneviève

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュヌビエーブ
Geneviève

[生]422頃.ナンテール?
[没]500頃.パリ
パリの守護聖女。ラテン語ではゲノウェファ Genovefa。7歳で神への献身を決意し,15歳で修道生活に入る。フン族の侵入を預言し,451年のアッチラパリ攻撃に際して市民を鼓舞。祝日1月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュヌビエーブ【Geneviève】

422ころ‐512ころ
聖女。ラテン名はGenovevaまたはGenovefa。パリ郊外のナンテールに生まれ,後代の伝説によれば幼くして羊飼いとなった。オーセールの司教ゲルマヌスは旅先でこの少女の敬虔さを認め,胸に十字架のついたメダルをかけ与えたという。成人してパリに赴き,455年フン族のアッティラ軍から奇跡的にこの町を守り,同市の守護聖人として崇敬されるようになった。美術では世俗の衣をつけた乙女として表され,まれに修道女の姿をとることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジュヌビエーブの言及

【サン・ドニ修道院】より

…273年にモンマルトルで殉死したドニ(使徒パウロの弟子ディオニュシウス・アレオパギタともいわれる)が,みずからの首を抱えて約10km歩き,倒れた場所に築かれたという墓をめぐって創設された。墓の周辺に形成された崇敬団に対し,まず聖ジュヌビエーブが修道院を建設し(5世紀末),ついでダゴベルト王が教会堂を再建した(7世紀初)。この教会堂はさらに8世紀末に改築され,また修道院長シュジェールSuger(1080ころ‐1151)が改築したのち,さらに13世紀にルイ9世の命を受けたピエール・ド・モントルイユPierre de Montreuil(1200ころ‐66)によって改築された。…

※「ジュヌビエーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュヌビエーブの関連キーワードGenevieve Gauckler スティッキーマーカーGenevieve Gauckler ペーパーバックノートサント・ジュヌビエーブ修道院シャーロック・ホームズの冒険サント・ジュヌヴィエーヴピュビス・ド・シャバンヌサント・ジュヌビエーブサン・ドニ(フランス)聖ジュヌビエーブカルチエ・ラタン1000日のアンサン・ドニ修道院ラルジリエールベジャール一家ラブルーストトロイアの女ラブルストスーフローローランスドローネー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュヌビエーブの関連情報