コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ学派 ジュネーブがくはGeneva school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ学派
ジュネーブがくは
Geneva school

言語学の学派の一つ。ジュネーブ大学でソシュールから教えを受けた C.バイイや A.セシュエを中心として形成された。ソシュールの教えを出発点とした構造言語学の学派であるが,言語の情意的な面に強い関心を示していること,共時言語学の特に構文論,文体論に力を入れていることが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ジュネーブがくは【ジュネーブ学派】

言語学者ソシュールの流れをくむ学派の一。ソシュールの学生であったバイイやセシュエ(Sechehaye)、孫弟子のゴデル(Godel)らが中心。師の学説をまとめあげた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュネーブ学派
じゅねーぶがくは
cole de Genveフランス語
Geneva School英語

スイスの言語哲学者フェルディナン・ド・ソシュールの学説を継承・発展させた学派。直弟子のバイイ、セシュエ、カルツェフスキーらに代表される第一世代と、フレ、ゴデル、エングラーらに代表される第二世代に分けられる。
 第一世代が結成したジュネーブ言語学会Socit Genevoise de Linguistiqueの機関誌『ソシュール研究誌』Cahiers Ferdinand de Saussureは1941年に創刊され、第二世代のソシュール研究サークルCercle Ferdinand de Saussureに引き継がれて今日に至っているが、その特色は、(1)ソシュール文献学(『一般言語学講義』〈1916〉の生(なま)の講義録とソシュールの手稿に代表される原資料研究)と、(2)ソシュール解釈学(晩年の神話・伝説やアナグラムをも射程に入れたソシュール理論の再検討)の二つであるといえよう。
 1960年代以降、興味深い伝記的事実も発掘・考証されている。[丸山圭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジュネーブ学派の言及

【バイイ】より

…ジュネーブ大学教授(1913‐39)。ソシュール学説を継承発展させた〈ジュネーブ学派〉の代表者の一人で,とりわけ,〈理性的文体論〉の創始者として知られている。これは,作家などが美的意図にもとづいて表現する個人的な情緒発現を対象にするものではなく,日常的な言語の〈実現化〉一般の科学的研究であるとされた。…

※「ジュネーブ学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュネーブ学派の関連キーワードフランコ・スイス学派アルベール ベガンチャールズ バイイマルセル レーモン丸山圭三郎レーモンベガン孫弟子新批評

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android