コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリオ・ロマーノ Giulio Romano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュリオ・ロマーノ
Giulio Romano

[生]1492/1499. ローマ
[没]1546.11.1. マントバ公国,マントバ
イタリアの画家,建築家。本名 Giulio Pippi,フルネーム Giulio di Pietro di Filippo de' Gianuzzi。10歳頃からラファエロ・サンツィオに師事した。ローマのビラ・ファルネジーナの壁画をはじめ多くの作品で助手を務め,ラファエロの死後,未完成作『キリスト変容』(バチカン美術館)を仕上げた。1524年,ゴンツァガ家フェデリーコ2世に招かれてマントバに行き,パラッツォ・デル・テ(1525~35頃)の装飾その他で活躍。そこでの優れた技巧と複雑な構成をもつ装飾壁画は,マニエリスムの代表作の一つである。建築家としては,パラッツォ・デル・テのほかにローマのビラ・マダマやサン・ピエトロ大聖堂ドームの改新などが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジュリオ・ロマーノ

イタリア・ルネサンス期の画家,建築家。本名ジュリオ・ディ・ピエトロ・デ・ジャヌッツィ・ピッピGiulio di Pietro de Gianuzzi Pippi。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュリオ・ロマーノ
じゅりおろまーの

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジュリオ・ロマーノの関連キーワードベローナのドゥカーレ宮ソット・イン・スプリマティッチョラファエッロイタリア美術ゴンツァガベロネーゼペルッツィセルリオ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android