ジョン・L. オースティン(英語表記)John Langshaw Austin

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン・L. オースティン
John Langshaw Austin


1911.3.26 - 1960.2.8
英国の哲学者。
ホワイト記念道徳哲学教授,大学出版局理事。
ランカスター生まれ。
オックスフォード大学における最も影響力のある哲学教師として、研究を指導を行った。1952年ホワイト記念道徳哲学教授。大学行政の面でも重要な役割を果たす。ライル、エアー、ストローソン、H.L.A.ハートらとともにオックスフォードの哲学の地位を世界的なものにすることに貢献した。言語行為speechactsという概念を提出、分析したことにより、言語学、心理学、社会学の分野にまで大きな影響を及ぼした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android