ジラード(英語表記)Szilard, Leo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジラード
Szilard, Leo

[生]1898.2.11. ブダペスト
[没]1964.5.30. カリフォルニア,ラジョラ
ハンガリー生れのアメリカの物理学者,生物学者。ベルリン大学で学位取得後,同大学で研究,教育にあたる (1922) 。ナチスの手を逃れてウィーン (33) ,ロンドン (34) に渡り,セント・バーソロミュー病院で物理学を講じる。 1937年渡米し,コロンビア大学教授 (39) ,シカゴ大学教授 (42) ,同大学生物物理学教授 (46) 。初期の情報理論の研究から,原子物理に移り,34年 T.チャルマーズと共同で放射性同位元素の分離法 (ジラード=チャルマーズ法) を見出した。渡米後はマンハッタン計画に参加し,E.フェルミらとともに最初の原子炉建設に貢献。第2次世界大戦後はパグウォッシュ会議設立に尽力するなど,原子力の平和利用に活躍。 59年原子力平和利用奨励賞受賞。著書に『イルカたちの声』 The Voice of the Dolphins and Other Stories (61) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジラードの関連情報