コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンハッタン計画 マンハッタンけいかくManhattan Project

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンハッタン計画
マンハッタンけいかく
Manhattan Project

第2次世界大戦中に行われたアメリカの原子爆弾製造計画の暗号名。 A.アインシュタインから F.ルーズベルト大統領にあてた 1939年8月2日付の勧告書がきっかけとなり,原爆製造をドイツより先んずるため,同年最初の政府機構であるウラン諮問委員会ができ,40年からアメリカとイギリスの間に研究情報の交換が始った。原爆計画担当となった政府の科学研究開発局は 41年 12月に同計画を本格的に拡充,強化することを決定,42年8月陸軍工兵団のなかに原爆製造担当の「マンハッタン管区」という暗号名の部門を設置,L.グローブス大佐が最高責任者に選ばれた。科学研究開発局と陸軍との共同管理は 43年5月に終り,その後は陸軍のマンハッタン管区が管理した。 42年 12月2日シカゴ大学の「冶金研究所」 (暗号名) は原子核分裂の連鎖反応実験に成功,原爆を完成する研究,製造はニューメキシコ州ロスアラモスの原子力研究所 (1943年春設立,所長 J.オッペンハイマー) で行われ,45年7月 16日ニューメキシコ州アラモゴードで史上最初の原爆実験に成功した (プルトニウム 239を使用) 。マンハッタン管区は戦後の 46年末に廃止され,その任務は 47年1月にできた原子力委員会に引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マンハッタン計画

第2次大戦中、ドイツに先行されるのを恐れた米国のルーズベルト大統領の命令で40年代初頭から進められた原爆開発計画。ニューメキシコ州ロスアラモス研究所を中心に各地に秘密施設が置かれ、最大で約13万人を動員。45年7月に初の原爆実験に成功した。計画にかかわるソ連のスパイとしては、ローゼンバーグ夫妻のほか、ロスアラモス研究所に勤務しソ連国家保安省(KGBの前身)に情報を流した物理学者クラウス・フックスらが知られる。

(2007-11-17 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

マンハッタン‐けいかく〔‐ケイクワク〕【マンハッタン計画】

第二次大戦中、米国で進められた原子爆弾の開発・製造計画。この結果、1945年7月、史上初の核実験が行われ、8月には広島長崎に原子爆弾が投下された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マンハッタン計画【マンハッタンけいかく】

第2次大戦中の米国の原子爆弾開発計画の俗称。1942年夏,陸軍技術本部にマンハッタン管区が組織され,以後計画が大規模に推進されたことにちなむ。→原子力
→関連項目オッペンハイマーファットマンマリケンロス・アラモスロートブラット

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンハッタンけいかく【マンハッタン計画 Manhattan project】

第2次世界大戦中にアメリカによって行われた原爆製造計画のこと。この名称は,アメリカ陸軍に原爆製造がゆだねられ,工兵隊がその任にあたった際につけられた。初めこの特別工兵管区の名称はDSM(Development of Substitute Material)と呼ばれて準備作業が進められていたが,この計画についての陸軍の責任者であるL.R.グローブスの提案によりマンハッタン工兵管区(Manhattan Engineer District,略称MED)とされ,1942年8月13日に発足した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マンハッタンけいかく【マンハッタン計画】

第二次大戦中、アメリカにおいて産・軍・学の協同によって進められた原爆製造計画。広島・長崎への原爆投下、核開発競争の出発点となったばかりでなく、巨大科学と呼ばれる宇宙開発・原子力開発など国家主導型の研究開発のモデルとなった。 〔当初、事務所の置かれたマンハッタン工兵管区からの称〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンハッタン計画
まんはったんけいかく
Manhattan Project

第二次世界大戦中のアメリカの原子爆弾製造計画。ドイツの核開発の可能性を恐れた亡命科学者らが、ルーズベルト大統領に原爆製造の急務を進言したのが発端で、約二十数億ドルを費やし、オッペンハイマーなどの科学者を動員した。1942年8月「マンハッタン管区」(機密保持の暗号名)が陸軍工兵科内に設置され、陸軍、ロス・アラモスなどの関連研究所、産業団体の間に協力体制が敷かれた。45年7月ニュー・メキシコ州アラモゴードで史上初の核実験が行われ、8月には広島、長崎に原爆が投下された。[宮前志保]
『H・D・スマイス著、杉本朝雄・田島栄三・川崎栄一訳『原子爆弾の完成』(1951・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマンハッタン計画の言及

【核兵器】より

…42年6月,OSRDのブッシュ長官から235Uと239Puに関する報告書がローズベルト大統領に提出されたことを契機として,陸軍工兵科内に原子爆弾開発計画を遂行する特殊任務の管区を設置することが大統領の承認を受けて決定され,〈マンハッタン管区〉と命名された。公式には9月13日発足し,L.R.グローブス准将を長とするいわゆるマンハッタン計画が強力に推進されることとなる。 当時核兵器に使用する核分裂物質として235U,239Puが考えられていた。…

【巨大科学】より

…それは戦後続々と出現する巨大科学の見本例となった。マンハッタン計画の斬新さは,単に投入された予算および人員の大きさだけにあるのではない。科学を従来のような,あらかじめ究極目標を定めない計画性・組織性を欠いた活動から,事前に決められた目標(マンハッタン計画の場合は,原爆を実戦に使える兵器として完成することであったが,そうした実利的目標でなくともかまわない)を達成することに向けて,さまざまの資源(資金,資材,人材など)を,高度の計画性にもとづき組織的に動員する活動へと変質させたことこそ,マンハッタン計画が科学界におよぼした最大のインパクトであろう。…

【原子力】より

…彼らは,ドイツに残っている科学者たちが核分裂エネルギーを用いて兵器をつくる可能性を危惧し,当時のアメリカ大統領ローズベルトにアメリカでもその可能性をドイツに先がけて検討する必要があることを訴えた。そして,これが契機となってマンハッタン計画とよばれる国家機密プロジェクトが発足した。核分裂現象発見の論文が発表されたのが1939年1月で,科学者を代表してアインシュタインがローズベルトへ書簡を送ったのが同年8月であった。…

【原子力産業】より


[歴史]
 原子力の利用は第2次大戦中,軍事利用を目的として開始された。アメリカにおいてアインシュタインの提言により1942年,〈マンハッタン計画〉が実行に移され,45年7月に原爆実験に成功したわけである。戦後,こうした軍事利用技術を基礎として,各国で政府および民間の開発体制が整えられた。…

【ロス・アラモス】より

…サンタ・フェの北西38km,標高2225mの高原上にある。1942年マンハッタン計画に基づき連邦政府により原子力研究所が創設され,45年7月アラモゴード北西部の砂漠で世界最初の原子爆弾の実験に成功した。広島,長崎に投下された爆弾もここで製造された。…

※「マンハッタン計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンハッタン計画の関連キーワードトムソン(Sir George Paget Thomson)グローブス(Leslie Richard Groves)メイヤー(Maria Goeppert Mayer)ラムゼー(Norman Foster Ramsey)チェンバレン(Owen Chamberlain)フィッチ(Val Logsdon Fitch)フランク(James Franck)レオ・ジェームス レインウォーターブロック(Felix Bloch)マーチン・ディビッド ケーメンジェームス・B. ランパートレスリー・R. グローブズオーウェン チェンバレンユージン ラビノビッチレオ ブリューアR.E. ラップレインウォーターロス・アラモスオーク・リッジリリエンソール

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンハッタン計画の関連情報