スウェーデン王立バレエ団(読み)すうぇーでんおうりつばれえだん(英語表記)Royal Swedish Ballet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデン王立バレエ団
すうぇーでんおうりつばれえだん
Royal Swedish Ballet

スウェーデンのバレエ団。1773年、グスタフ3世によってストックホルムに王立歌劇場が設立されて以来の長い伝統をもつ。19世紀初めにF・タリオーニがイタリアから招かれてバレエ・マスターになり、北欧スタイルの作品をつくり、ロマンチック・バレエ時代には栄えたが、その後凋落(ちょうらく)した。しかし、20世紀初め、M・フォーキンのロシアからの来演によって、創作活動が活発になった。1920年代には、パリを拠点として結成された、ド・マレRolf de Mare(1898―1964)主宰のバレエ・スウェドワBallet Suedoisの前衛的作風に共鳴して、主要ダンサーがパリに移って活動した。新たな展開は、50年のA・チューダーの監督就任後であり、彼はクルベリBirgit Cullberg(1908―99)の『令嬢ジュリー』、クラマーIvo Cramr(1921― )の『放蕩(ほうとう)息子』などモダンな作品にも力を注いでレパートリーとした。加えて、L・マシーン、G・バランチン、J・ロビンズ、テトリーGlen Tetley(1926― )などの作品も上演されてさらに幅が広がった。60年代以降、歴代の芸術監督には、マクドナルドBrian Macdonald(1928― )、クラマー、マドセンEgon Madsen(1942― )、ハーグボンNils-ke Hggbomらがいる。[市川 雅・國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android