スカゲラク海峡(読み)スカゲラクかいきょう(英語表記)Skagerrak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカゲラク海峡
スカゲラクかいきょう
Skagerrak

デンマークのユラン半島とノルウェー南部の海岸との間の海峡。幅約 120~145km,長さ約 240km。北海バルト海を分ける海峡で,デンマーク側は浅く (水深約 100m以下) ,海底砂堆が形成されているが,ノルウェー側は深く (最深部の水深約 800m) 船底状をなしている。ノルウェー海流の影響で付近沿岸の気候は比較的温和。8~11世紀にはバイキングが多く通過した。付近のおもな港はオスロクリスティアンサン (以上ノルウェー) ,ストレームスタード,ウッデバラ (以上スウェーデン) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカゲラクかいきょう【スカゲラク海峡 Skagerak】

北海の東で,ノルウェー,デンマーク,スウェーデン3国に囲まれ,東経7゜から東はユトランド半島北端までの海域。幅約120km。南のデンマーク沖は深さ20~60mの浅い砂底であるが,ノルウェー南東沿いには,700mに達する溝状の深部があり,その北方延長はオスロフィヨルドになる。東はカテガット海峡を経て,バルト海につながる。北半では西向き,南半では東向きの海流が強く,低気圧の通り道で海は荒れることが多いが,北欧3国海上交通の要衝である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカゲラク海峡
すかげらくかいきょう
Skagerrak

北ヨーロッパ、スカンジナビア半島とユトランド半島との間の海域。正確には、ノルウェー南岸のリンデスネスとユトランド半島北西岸ハンストホルムとを結ぶ直線以東、ユトランド半島最北端スカーイェンとその東方のパテルノステル岩礁とを結ぶ直線以北で、北海とカテガット海域の間に位置する。長さ225キロメートル、幅110~150キロメートル。水深700メートルの最深部はノルウェーのオスロ・フィヨルドに連なる。[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android