コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカッド SS-1 Scud B

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカッド
SS-1 Scud B

ソ連が 1965年から配備した SSM (地対地ミサイル) 。 MAZ-543 8輪トラックに搭載される。ソ連のほか,ワルシャワ条約機構,アラブ諸国,北朝鮮などにも配備された。核弾頭,通常弾頭の両装備があるが,ソ連以外は通常弾頭型を配備している。すでに旧式化しているが,湾岸戦争ではイラク軍が使用して多国籍軍を悩ませた。移動式発射機のため,発見,破壊が困難である。イラクはスカッド・ミサイル射程を 650kmに延ばしたアル・フセイン,850kmにしたアル・アッバスを開発した。スカッド・ミサイルにはA型からC型まである。B型の主要目は,射程約 300km,全長 11.25m,直径 85cm,発射重量 6.3t,推進方式液体燃料,弾頭重量 985kg,CEP (半数必中界) 450m。一方,北朝鮮はスカッドB型をもとに射程を大幅に延長し,ミサイル本体も大型化したノドン (労働) 1号を配備し,さらにノドン2号も開発中であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スカッド(Scud)

旧ソ連製の中距離地対地ミサイル。核弾頭を装着できる。また、これを土台にして、イラク・北朝鮮などの各国が独自に開発したものを指すこともある。1991年の湾岸戦争では、イラク側の報復兵器として使用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スカッド

旧ソ連が開発した短距離道路移動型戦術地対地弾頭ミサイル。スカッドA,B,C,Dの4タイプがあり,代表的なB型は全長11.6m,直径88cm,重量6370kgで射程距離約300kmの1段式液体燃料ミサイル。1962年以降に配備されたとみられ,旧ワルシャワ条約機構諸国やアラブ諸国に輸出された。エジプトから朝鮮民主主義人民共和国に輸出されたB型からノドン1号ミサイルが開発され,またイラクはB型をベースに射程距離650kmのアル・フセインを開発した。これは発射準備に約1時間もかかり,命中精度も低い旧式ミサイルであるが,迎撃しにくいという点はイラン・イラク戦争湾岸戦争でも立証された。ちなみに,スカッドはNATOのコードネーム。→パトリオット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

スカッド【SCAD】

〖subsonic cruise armed decoy〗
亜音速巡航武装おとり機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スカッドの関連キーワードKNパトリオットPACBMテポドン1、2弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルの射程シャハブ3弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイル北朝鮮のミサイル開発ノドン(労働)1号ノドン弾道ミサイルスカッドとノドン弾道ミサイル防衛イエメン共和国早期警戒衛星イスラエル軍事技術スタルクPAC3テポドンM11

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカッドの関連情報